将来を考えた買い物|不動産を購入するときにかかる税金を知ろう

節税しながら資産運用

婦人

維持費や売却価格の計算

日本では、年収が増えるにつれて、支払う税金も多くなります。逆に言えば、年収を少なくすれば、税金の支払いによる負担を減らすことができるわけです。年収は、給料が少なくなれば当然減りますが、その分生活が厳しくなったり、貯金を増やすことが難しくなったりします。そのため昨今では多くの人が、不動産を購入するという方法で、年収を減らしています。たとえば年収が1000万円という人が住宅ローンを利用して不動産を購入して、返済や維持費として年間200万円使ったとします。この場合は、収入は800万円とみなされ、その分税金が安くなるのです。それでいて不動産という資産が手に入りますし、これを購入した時よりも高く売れば、資産は一層増えることになります。そのため不動産購入は、税金対策をしながらの資産運用ができることから注目されています。ただし、維持費などが極端に多くかかった場合、あるいは不動産を高く売却できなかった場合には、税金対策はできても、資産はかえってマイナスとなることもあります。そのため不動産購入では、それを回避するための専門家によるアドバイスが必須とされています。相談を受けた専門家は、不動産の販売価格と、売却する場合の想定価格、かかる維持費と安くなる税金の額などを計算します。その上で、購入がプラスになるかどうかを判断するのです。また、リフォームなどで資産価値を高めればプラスになることもあるので、それについてもアドバイスします。そのため多くの人が、より確実な税金対策や資産運用のために、専門家に積極的に相談しています。

Copyright © 2017 将来を考えた買い物|不動産を購入するときにかかる税金を知ろう All Rights Reserved.