将来を考えた買い物|不動産を購入するときにかかる税金を知ろう

確定申告は忘れずに

家

最大20万円も控除

マイホームを購入すると、税金が安くなると聞いたことはないでしょうか。実際にマイホームを購入した方からは、所得税や住民税が安くなったと喜びの声が上がっています。なぜマイホームを購入すると税金が安くなるのでしょうか。その答えを握っているのは住宅借入金等特別控除です。住宅借入金等特別控除とは、金融機関から住宅ローンを利用しマイホームを購入した個人が活用できる制度です。住宅ローン控除とも言われ、年末の住宅ローン残高の1%分が所得税から控除されます。もし年末残高が2000万円であれば20万円、1500万円であれば15万円控除され、控除額が所得税額より多い場合にはさらに住民税からも控除されます。ただし、控除限度額は20万円であるほか、利用するためには条件を満たしていなければなりません。主な条件は、取得した不動産に自ら居住すること、床面積が50平方メートル以上であること、住宅ローンの返済期間が10年以上であること、不動産取得後6ヶ月以内に居住し適用を受ける各年の12月31日まで居住し続けていることです。例えば購入した不動産に配偶者や子供のみが住み自分が住まない場合には、適用されず税金は安くなりません。12月31日までに引っ越しをした場合には、その年は条件を満たせず適用されません。自分が住む家を自分で購入し、ずっと住み続ける方が利用できるのが住宅借入金等特別控除です。また、給与所得者でも、初回適用時には確定申告が必要なのも注意点。2年目以降は年末調整で控除されますが、初回のみご自身で税務署に必要書類を揃えて申告しなければなりません。確定申告は不動産購入の翌年になるため、うっかり忘れないようにしましょう。夫婦共有名義で購入された場合には、お二人とも申告することで税金を抑えられます。

Copyright © 2017 将来を考えた買い物|不動産を購入するときにかかる税金を知ろう All Rights Reserved.