将来を考えた買い物|不動産を購入するときにかかる税金を知ろう

知っておきたい税の話

ウーマン

知らないと損することも

家や土地などの不動産を購入、取得した場合には、不動産取得税という税金が必要になります。そもそも不動産取得税とは、土地や住宅の購入や交換、贈与で取得したり、新築や増築、改築などして不動産を取得する際に、個人や法人など関係なく課税される税金のことをいいます。土地を所有していると払わなくてはいけない固定資産税とは違い、土地や住宅などを取得した時の一度のみに発生する税金になります。実は、不動産取得税には軽減措置というものがあり、新築住宅を取得した場合や中古住宅を取得した場合、土地を取得した場合など、設けられている条件に該当すれば軽減措置を受けることができるのです。不動産は、購入や取得した時だけでなく、実は売却した時にも税金がかかってきます。具体的には、不動産を売買する際に必要な契約書に貼付する印紙税と抵当権設定された場合には、抵当権抹消登記の免許税などのお金が必要になってきます。また、不動産の購入金額とも売却金額のほうが大きかった場合など、売却によって利益が出た場合には、不動産譲渡取得税がかかってくるのです。しかし、不動産の購入金額よりも売却金額のほうが安かった時などは、税金を支払う必要がない場合もあります。また利益がでた場合でも、渡取得が一定の金額以下の場合においては税金がかかないのです。ただし、税金がかからない場合でも、税金がかからないようにするには確定申告をする必要があるので注意する必要です。

Copyright © 2017 将来を考えた買い物|不動産を購入するときにかかる税金を知ろう All Rights Reserved.