将来を考えた買い物|不動産を購入するときにかかる税金を知ろう

節税しながら資産運用

婦人

税金の負担を減らすために、多くの人が不動産を購入しています。購入すれば、維持費などが年収から差し引かれる分、税金が安くなりますし、その不動産を高く売って資産を増やすことも可能となるからです。しかし逆にマイナスとなる可能性もあるので、購入前には専門家に相談し、シミュレーションしてもらうことが大事です。

知っておきたい税の話

ウーマン

不動産を購入した場合には、不動産取得税という税金がかかってきます。しかし、軽減措置というものがあります。設けられている条件に該当すれば、新築住宅や中古住宅、土地を取得した場合には、軽減措置を受けることができるのです。

確定申告は忘れずに

家

住宅借入金等特別控除を利用することで、納税する所得税が安くなります。ご自身の居住用不動産を住宅ローンを利用し購入した方は、忘れずに確定申告を行いましょう。税金負担を抑えられ、より余裕のある毎日を過ごせます。

調べて将来に備える

男の人

把握しておきたいポイント

将来、不動産を購入しようと考えている方もいるのではないでしょうか。自分の住みたいエリアの相場価格を知って、希望のエリアが予算に見合ったものなのかを調べておくことはとても大切です。頭金を貯めるためにしばらく購入は先延ばしにしよう、もっと価格の安いエリアに候補を変更しよう、住宅ローンの期間を変更しようなど住宅購入に向けて計画を立てやすくなります。また、不動産を購入するときには納めなければいけない税金があるので、こちらも理解を深めておきましょう。不動産の相場価格を知るために直接不動産屋を何軒か訪れてみるという方法もありますが、インターネットから不動産情報サイトを利用して相場価格を調べる方法が便利です。希望の地域、間取り、面積などを始めとしてさまざまな条件を追加して検索し住宅価格を調べられます。この検索機能を使って物件を比較するとおおよその相場価格をつかむことができます。くわえて、違う地域にある同じような物件と比べることによって、より条件のいい購入費用を抑えられる物件や地域に巡り会えることもよくあることです。さらに、住宅の折込みチラシや資料を請求するというのもいい方法です。数多くの物件を見ているうちに、相場観が身についてきます。不動産購入時にかかる税金は登録免許税、不動産取得税、消費税、印紙税があります。登録免許税は購入した土地、建物を登記するときに納める税金です。不動産購入時の所有権保存と所有権移転登記、ローンを組んだ場合の抵当権設定登記のときに必要になります。不動産取得税は、土地や建物を取得したときに発生する税金です。印紙税は、売買契約書や住宅ローンの契約書に印紙を貼り付けて納めます。消費税は、土地にはかからず建物の購入金額と不動産会社の仲介を経た場合はこの仲介手数料に消費税が課税されます。

Copyright © 2017 将来を考えた買い物|不動産を購入するときにかかる税金を知ろう All Rights Reserved.